■FC2カウンター

■ランキング参加中!
ぽちっとよろしくお願いします!
■プロフィール

ルナコテパパ

Author:ルナコテパパ
トイプードル
ルナと小鉄の成長ヘンテコ日記ブログです。

■ルナと小鉄の誕生日

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■月別アーカイブ
■ブログパーツ
■こちらもポチッと投票お願いします!

■ブロとも申請フォーム
■QRコード(モバイル)

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ルナコテ弘前帰省番外編 ~津軽ねぷた村編~
今回、年末年始に実家へ帰省した際、記事化できなかったところをご紹介します。
弘前市内にある「津軽藩ねぷた村」です。

ここも帰省のたび寄るところですが、今回久々に施設内にある「ねぷた村」に来てみました。

その昔、「弘前ねぷた祭り」は8月の祭り時期しか山車や祭囃子を見たり聞くことができませんでしたが、
この観光施設ができてから1年中「ねぷた祭り」を体験できるようになりました。

今回、久々にねぷた村に”買い物目当て”ではなくねぷたを見に入ってみました。
まず入村すると、祭りの説明と囃子の説明が聞けます。
祭り紹介!

そして、観光客に実際に祭囃子の太鼓を叩かせてくれます。
ここでの囃子は「行進」の囃子です。
太鼓をたたいてみよう
弘前っ子はこの囃子を聞いただけで血が騒ぐといいます(いいすぎかな?)

ちなみに弘前ねぷたには他に「休み囃子」「戻り囃子」と3種類あり、
毎年各団体ごとにこの囃子の華麗さを競っています。
※ルナコテパパの従兄弟が、祭りの笛の師匠をしています。


さてこれが”弘前ねぷた”の前面の絵(鏡絵)です。
ねぷた鏡絵

弘前ねぷたの魅力は、鏡絵だけでなく、背面の「見送り絵」にあります。
主に三国志の勇者の絵や、女性の絵が多いですね。
これが山車の後ろの写真です。
ねぷた見送り絵
この「見送り絵」がねぷたの醍醐味と言っても過言ではないですね。

ではその見送り絵をアップで。
見送り絵アップ

施設内には金魚ねぷたもあります。
金魚ねぷた

施設内の全景です。かなり広いですよ。
ねぷた村内風景

これが「ねぷた祭り」の運行隊形です。昔からほとんど変わっていません。
ねぷた運行図


ここからは青森各地の祭りの紹介です。(簡単ですが)
ここ数年、五所川原市の市民の尽力で復活した「五所川原立佞武多(たちねぶた)」です。
何と、山車の高さは20m!!
五所川原ねぶた

さて次は”東北3大祭り”にもなっている、「青森ねぶた」。
青森ねぶた

と、館内の紹介はここまでですが、祭りだけでなく他に津軽地方の郷土工芸の「津軽塗」や「こぎん刺し」が
実演販売されているコーナーや、本場の「津軽三味線」を演奏して聞かせてくれます。


外へ出ると庭園になっているのですが、あ!変な観光客がいる!
おばか帰省客
ルナコテママです・・・。
雪の怖さを知りません。足滑って池に落ちたらどうするんじゃー!

私自身、何年も祭りの時期に帰省していないので、感慨深く見て回りました。
今年夏には帰省して生の「弘前ねぷた」を観たいなと思いました。
皆さん!弘前に来られた際は、ここのねぷた村にも是非お越しください!


補足:よく聞かれるのですが、
弘前は「ねぷた」
青森は「ねぶた」
と呼びます。

掛け声は、弘前は「やーやどー」。五所川原は「ヤッテマレ」、
青森は「ラッセラー」です。



オマケ記事
これまでの記事で、実家の「茶太郎」という猫がたびたび出てきますが、きちんとご紹介していませんでしたので、改めて紹介します。

推定年齢15~16歳のお爺さんネコ(雑種)で、オスの「チャタロー」といいます。
チャタロー

8年前の初夏のお昼寝写真です。いまよりあどけない表情です。
お昼寝チャタロー
なんちゅーカッコじゃ(笑)


この記事にはルナコテは登場していませんが、次回からは通常版「ルナコテブログ」に戻りまーす。
スポンサーサイト


テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

番外編 | 23:50:52 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
久しぶりのコメントになってしまいました^^;
いつもママさんからコメントをいただいているのに申し訳ないです。

遠い弘前までの帰省、お疲れ様でした。
ブログ読んでいると旅行したくなります♪

遠い分、美味しい物をたくさん食べて、のんびりしてリフレッシュできたようですね。
やっぱり実家っていいですよね♪
おみやげありがとうございました。大きな具がたっぷりで美味しそうです!家族がそろわないのでしばしお預けデス(;_;)

ねぶた祭り一度は見てみたいです(^.^)

2012-01-09 月 11:19:50 | URL | グーママ [編集]
無謀な観光客がいる!(笑)
ペネパパは「ねぶた」だと思っていて、ペネママは「ねぷた」だと思っていました。
地域によって呼び方が違うんですね!
青森の中でも、地域によって方言というか呼び方が違うんだ。
無謀な観光客は、もしかして酔っ払いじゃないですか?(笑)

余談ですが、ペネパパの実家の猫ちゃん最長老は、去年25歳で亡くなりました。
かわいいお顔のチャタローくん、まだまだ元気に過ごしてね~♪
2012-01-09 月 21:11:54 | URL | ペネママ [編集]
ねぶたの絵は美しいですねぇ。
って本物は見たことないですが、今日東京ドームのふるさと祭りでちょうどねぶたの実演を見てきました~。
巨大な太鼓と巨大な山車、ダイナミックすぎて「すげー!」って感じ。
今日は1台しかありませんでしたが、あれが何台も続く様子は感動するでしょうね。

余談ですが、享年25歳の猫ちゃんはギネスではない?
2012-01-09 月 21:38:16 | URL | ウィンディはは [編集]
Re: グーママさんへ
実家に帰省するたび、せっかくの機会なので記事にしているのですが、
見事に「ワンコブログ」からかけ離れて違うジャンルのブログになってますね。(笑)

実家への帰省は季節関係なく、ほぼ車での移動です。
一度だけ飛行機で帰省したことがあるのですが、一眠りしてたら青森空港に着いてしまい
「え!?こんなに早いの?」と文明の力を痛感しましたが、めげません。

青森は、旬の料理がおいしくてオススメです。
寒いのは1日で慣れますが、やはり夏の祭りか、GWの弘前城さくら祭りがベストかと。
機会があれば是非、青森へお越しください!何でしたら私が運転手&観光案内させていただきます!
2012-01-09 月 23:33:27 | URL | ルナコテパパ [編集]
Re:ペネママさんへ
やっぱりメジャークラスの「青森ねぶた」には、知名度で「弘前ねぷた」は負けますが、
祭りの起源が弘前のせいか、それを知る弘前の人たちは「俺たちのねぷたが一番だ!」という意識が高いのです。
この気質を津軽弁で「じょっぱり」(情張り)と呼びます。
方言の津軽弁も細かく分けると3つに分かれたり、その地方独特の言い回しなどありますね。

無謀な観光客ですが、まさかのシラフです。(!)
テンションが上がったのか不明ですが、突然撮影中に割り込んできました。
もし足が滑ったら凍りついた池に転落確定なのでヒヤヒヤしました。

25歳のニャンコちゃん、大往生でしたね。
チャタローにはまだまだ元気にいて欲しいです。帰省時にチャタローに会うのも
楽しみの一つなんですよー。
2012-01-09 月 23:48:29 | URL | ルナコテパパ [編集]
Re: ウィンディははさんへ
ねぶたをお褒め頂きありがとうございます。m(__)m
いらしていたんですね!東京ドームのイベント!

ご覧になったねぷたは、去年参加した本物の山車で、巨大な太鼓は、「情張り太鼓」です。
行きたかったのですが、数年前に行った際、あまりの人出に行きたいところを回れず、
とりあえずねぶた囃子と津軽三味線を聞いて、しじみラーメン食べて早々に撤収してしまいました…。ヘタレですね・・・。

昨年の震災の影響で、首都圏での東北のイベントが計画通り去年はできなかったそうですが、
今年は頻繁にイベントやるようなので、機会があれば是非!お越しください。
(個人的には千葉でやってほしいです(笑))

25歳で大往生のネコちゃん、私もギネスクラスだと思います。
2012-01-10 火 00:07:20 | URL | ルナコテパパ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。